腰痛からの陣痛!?歩けなくなる前にした”応急処置”はコレ!

2019年7月18日

皆様、こんにちは。BELLIZAのクリスティーナです。

2日前、朝風呂を終えた瞬間に腰に違和感と激痛が!

だんだんと、痛みが増してきて「このままでは立てない!」と危機感が襲ってきました。時間とともに、収まる気配もなく横になりながら、

陣痛なのか腰痛なのか全く状況がつかめず。。。

腰痛が実は陣痛だった!?腰痛から陣痛になる?

”腰痛が陣痛に変わったり””腰痛が実は陣痛だった”などの経験談も多いです。

陣痛の始まり方は、人それぞれ異なるので陣痛かどうか見極めるのが難しいですよね。

私は、万が一陣痛だった場合に備え”陣痛カウントアプリ”をダウンロードして痛みの感覚を計りました。

歩けなくなる前にした”応急処置”はコレ!

あまりもの痛さで、立つ事が出来ず、汗がとまりませんでしたが、

「立つ事が出来ない状態では、病院に行けない!」と思い家にあった残りわずかの”腰痛・筋肉疲労用のヴェレダのマッサージオイル”を手に取って馴染ませてみました。

アルニカオイル

しばらく気絶したかのように横になりだんだんと、痛みが軽く楽になってきたので、その隙に!と日本から送ってもらった”トコちゃんベルト2”を何とか装着!骨盤を固定!しました。

とこちゃんベルト2

過労時ですが、2時間後なんとか立って歩くまで回復したので、最終段階の出産準備をすませました。

家には他に、市販の薬局で売られている”腰痛用の塗り薬”もあったのですが、妊娠中は使用禁止と書かれていました。危うく使用するところでした。気がついて良かったです。

その後、毎日背中の張り、腰の周りをさするように心臓に向けて流すようにしています。日に日に症状が軽くなり2日たった今では、起き上がったり、歩くのに違和感もなくなりました。

ちょっとした、出産前の大事件でした。改めて、

腰は要!本当にカナメ!だと実感した瞬間でした。歩けなくなるのは、本当に苦しいです。

妊娠後期の腰痛の原因は?

臨月を過ぎると、出産が近づいていくにつれて骨盤が不安定になったり、だんだんと赤ちゃんも下がってくるので腰に痛みを感じる妊婦さんが多いようです。

腰が痛む症状は、もうすぐ赤ちゃんとの対面が近づいているという事ですね!

喜びと不安の感情が交互に訪れますが、あともう少しの合図を赤ちゃんが教えてくれているのかもしれません。

妊娠期間中に骨盤が最大に広がるのは?いつ?

妊娠期間中の中で骨盤は赤ちゃんの成長にあわせ徐々に広がっていきます。後期・臨月は妊娠期間中の中でも特に骨盤が広がり負荷もかかります。

が、一番、最大限に広がるのは実は出産直後!

この”出産直後にどのような状態で分娩台から降りるか”によってもその後の骨盤の状態・回復が変わるようです。

産院によっても処置の違いはあるかと思いますが、さらしを巻いたりまた、トコちゃんベルトを推奨している産院や助産師さんの所ですと出産直後に、トコちゃんベルトを巻いてくれるようです。

対応していない産院の場合でも事前に助産師さんに、巻いてもらう事をお願いもできるようです。

前回出産時は、出産後の正しい骨盤ケアの知識と有効性を知らなかった為、腰を痛めてしまいましたが

その経験をふまえ、今回は、慎重に骨盤と産後の身体を労ろうと思います。