日本人に”下半身太り”が多いのは湿気が原因だった!?

皆様、こんにちは。BELLIZAのクリスティーナです。

だんだんと、日本も梅雨が近づいてきて

湿気が気になる季節に

なってきていると思います。

こちらも、

日によっては風が吹かない日も多くなり

湿気が気になってきました。

湿気が多いと、体調を崩される方や

気持ちがどんよりして、やる気が出ないなど

湿気は身体的にも、精神的にも影響しますよね。

そこで、本日は

”湿気が原因の下半身太りの原因と対策”

をテーマに簡単にまとめてみました。

・なぜ?梅雨の時期は”むくみ”やすいの?

私たちの身体はどうしても、

気象に影響を受けてしまいます。

梅雨の時期にだるさや、むくみを感じるのは

湿度が高く気圧が低い為です。

①自律神経の乱れ

②水分バランスの乱れ

が梅雨の時期の不調・むくみを引き起こす

原因なのです。

特に、この”水分バランスの乱れ”

日本人女性に多い

”下半身太り”の原因を誘発させているのです!

日本は風土からみても、西洋より高温多湿です。

古くから、

建設物などをみても

うまく湿気を逃す湿気がこもらない

ような造りがなされてきてました。

それほど、湿気は大敵だったのですね。

また、東洋医学では湿邪(しつじゃ)と言う病気があったり。

水の邪気と言う意味です。

湿気が多いと、

なかなか身体の中の水分代謝が

思うよういかず、本来であれば

汗、尿で排出されるべき水分が

身体に溜まってしまい

冷えを引き起こす。

これが下半身太りになるの最大の要因・サイクル

気温の高い夏場でも、下半身がなんとなく

冷えていると感じる方は、この

水分バランス・水分代謝の改善

意識してみると

身体が軽くなるかもしれません。

【改善策】①運動・マッサージでの

血流促進水分排出

汗をかく・湯船につかる・軽い運動

ストレッチ・むくみ解消マッサージ

冷えている箇所=水分代謝が悪い箇所

まさに”セルライト”が出来やすい箇所を

揉み解しながら、リンパの流れを促進させる事を

習慣的に行うだけでも

血流がよくなり

不要な水分を含む、老廃物・毒素が

体外に排出されやすくなります!

【改善策】②食事での

血流促進水分排出

【湿気を取り除く】食材

・はと麦茶・豆類・かぼちゃ・昆布

【利尿作用】食材

・きゅうり・すいか・セロリ・緑茶

【身体を温める】食材

・しょうが・赤みのお肉・根野菜・蕎麦

この3つの食材と旬の食材

バランス良く摂取することで

排出効果が高められ、巡りがよくなると言われています。

※旬の食材を摂る事は、その時期の気候に合った作用が働き

実は身体にとっても、すごく良いとも言われています。

利尿作用のある食材は、

身体を冷やすものもある為

同時に温めてくれる食材も摂取するように心がけると

バランスが整いそうですね!

最後に

『最近、足がだるいな』

『むくんでるな』

『湿気の影響をうけてるな』

と感じている方は、

ぜひ、血流促進水分排出を意識して

湿気に負けない”水はけの良い”

状態をつくってみてはいかがでしょうか?