ダイエット中にも!?アリな”ガトーチョコラ”

2019年6月25日

皆様、こんにちは。BELLIZAのクリスティーナです。

マタニティー体重管理アプリから

「出産まであと少し!」

「体重増加に注意して下さい!!!」

と案内が連日きます。。。

確かに、臨月以降は体重増加しやすいですよね。

分かっているのですが、、、

それでも、なぜか妊娠中は特に

無性に甘いものが食べたくなる衝動にかられます。

【妊娠中に甘い物が食べたくなる原因】

①ホルモンバランスの変化

②赤ちゃんのエネルギー源がブドウ糖である

など、理由があるようです。

確かに、私も妊娠前よりも

甘い物を好むようになりました。

ごく自然な原理なのですね。

産院では、食事指導の一貫で

甘いもの制限やカロリーの低いもの摂るように

進めていたり、洋菓子より和菓子など

食べ方の工夫などを指導してもらえる場合もあると思います。

我慢しすぎると、衝動的に食べ過ぎてしまったり

悪循環にもなりかねないので

食べたい物への

対処や工夫は大切だと思います。

私は、チョコレートジャンキーで

出来れば毎日食べたい人です。

そこで、発見したのです!

チョコレートの裏面に書かれている

成分内容によって

太りやすいもの!

太りにくいもの!

があるのでした。

実は、

重要なのはカロリーではなかったのです。

聞いた事がない成分が

ズラズラ書かれているタイプのチョコレートは

経験上かなり

体重も増えやすかったですし、

満足感を得る事が出来ず、食べ過ぎる傾向がありました。

少し値がはってでも、質の良いチョコレートを食べると

量までも制限がきき、満足感を得やすかったです。

ケーキ屋さんのケーキも美味しいのですが

今は、体重の変化に注意が必要なので

そんな体重制限中の方にもおススメできる

ガトーチョコラのレシピをご紹介したいとおもいます。

 

今回は

オーガニック・フェアトレード

85%のダークチョコレートを使用した

1/8 カットカロリー:303kcal

ガトーチョコラのレシピをご紹介したいと思います。

 

材料:18cm形 8カット分 

チョコレート100g

バター60g

ココア50g

小麦粉25g

たまご3個

砂糖50g

牛乳50ml

くるみ お好みで 100g

作り方:

【準備】形にバターかココナッツオイルなどを塗り

小麦粉をふるう。オーブンは180度に余熱。

チョコを刻み湯煎する。ある程度解けたら、バター、牛乳と加える

卵の黄身と白身を分け

白身は砂糖半分を加えメレンゲにする

黄身は残りの砂糖を加えマヨネーズ状態になるまで

ハンドミキサーする

黄身を湯煎した①に加える

小麦粉・ココアを軽くふるい

湯煎した①に入れる

メレンゲを3回に分け加えてく

※やさしく空気を入れるように切りながら

あまり混ぜすぎないように。

クルミを混ぜ形に流し込む

180℃10分間→160℃35分間

オーブンで焼き完成!

焼き上がったら、くしを刺し

生地がくっつかなければ完成です。

甘さ控えめですので、

ジャムや生クリームでお好みにトッピング。

そのままでも、もちろん

十分おいしくいただけると思います。

一日冷蔵庫で冷やした場合は、更に美味しくいただけます。

 

最後に

手作りスイーツは

材料をどれだけ入れ

何が入っているのかを

確認できるので

安心安全に食べられますよね!

また、作る過程でトータルの材料を見ている分

食べる時に、「これ以上は太るな」

などセーブが効きやすいかもしれません。

少々の、手間はかかるかもしれませんが、

案外ハマると、外で買う物より作った方が

美味しい!など発見があったり

家族の笑顔などを含め、楽しくいただけるかもしれません。