”ニキビ肌”はファンデーションで改善!?

皆様、こんにちは。BELLIZAのクリスティーナです。

今回は、

「ニキビが出来やすい肌は、

ファンデーションで改善できる!」という

経験談をご紹介できたらと思います。

ニキビと言えばよいのか

吹きでものと言えば良いのか、

年齢によって、言い方が変わるようです。

私はいつも、ニキビと言ってしまいます。

外国では、アクネ コメドという言い方をよくします。

コスメなんかでも、ノンコメド処方など良く耳にします。

そもそも、アクネとはコメドとは?

その違いは、簡単に説明すると

●アクネは、赤いニキビの事で

アクネ菌が増殖し炎症が起きている状態

●コメドは、白ニキビ、黒ニキビの事で

皮脂の汚れが毛穴に詰まってしまい、酸化→角栓状に固まっている状態

後に、炎症を起こすと、赤ニキビに変化するようです。

「ニキビが出来やすい場所はいつも同じ!」だったり、

「生理前は、繰り返しで来てしまう!」

「なかなか治らない、むしろ!どんどん増えてきた!」

「炎症跡が隠せなくなってきた!」などなど

ニキビ・吹き出物って本当に悪循環ですよね。

なかなか治らない時は、一気に完治するまで

皮膚科に通うのも良いかもしれません。

最近は、新たな塗り薬も処方されていて

改善もされているようなんです。

長引かせて、肌にダメージが出てしまう前に

思いっきり、皮膚科に頼るのもありだと思います!

実際、私も皮膚科に通ってから、みるみる

ニキビ、吹き出物が引いていきビックリしました!

「こんな事なら、もっと早く通っておけば良かったのに〜」

反省しました。

1回完治した場合でも、またぶり返す事もあります。

全く出来なくなるまでには、時間と辛抱も必要かもしれません。

でも、必ず綺麗にもとに戻すんだ!と粘り強く根気よく治すと

ちょっとした出来物が出来た場合も、処置を早めたりなど

長く付き合っていく、フェイスですから

大事に扱うようになるかもしれません。

使用している化粧品・コスメなどの原因が

ニキビ、吹き出物、肌荒れの症状を引き起こしている。

そのような方、ものすごく多いようです。

私もその一人で、

ファンデーションはずっとリキッドファンデーションを

使用していました。

”カバー力”

どうしても手放せなかったんです。

ニキビの炎症跡も

綺麗に隠せるので、ついつい分厚く塗ってしまい

また悪循環でニキビ増殖。

もう本当に悲しいですよね!

なかなか、リキッドファンデーションから

パウダーファンデーションへの

切り替えには勇気がいります。

私が、通院していた

東京の広尾駅近くにある

「横山皮フ科クリニック」横山美保子院長に

ファンデーションは出来るだけ、パウダーが良いとアドバイスを受けてから

意を決して!リキッドはたまに!

普段はパウダーファンデーションに切り替えよう!

と決意しました!

横山院長先生は、

誰もが驚くような、美肌の持ち主だった為、

説得力も半端ありません!

一瞬で先生のファンになってしまいました。

非常に人気な皮膚科なので、来院ご検討の方は

予め予約などがおススメです。

次回は、ようやく発見できた!

ニキビが出来にくく、カバー力抜群の!

パウダーファンデーションをご紹介したいと思います。