【赤ちゃん】おむつかぶれフランス薬局で買った軟膏

2019年8月1日

やっぱり、訪れたか。。。注意していても出来ちゃうオムツかぶれ。新生児はオムツを替える頻度が高い分、少しの摩擦でも出来やすい。分かっているのですが、綺麗に拭かないと、それもかぶれの原因になるからと、ちょっと擦りすぎました。

オムツかぶれとは?

オムツが触れている皮膚の部分が赤くなったり、プツプツの湿疹ができる事。最悪はおしりがただれたり、湿疹から血が出てくる場合も。赤ちゃんにとっては不快で、ストレスにもなるので、泣いたりぐずいたりして症状をうったえてきます。

出来る原因

  • おしりに残っているおしっこやうんち
  • オムツ交換のときの摩擦
  • 乾いていない状態でおむつをかぶせる
  • オムツの素材が赤ちゃんの皮膚に合っていない

おむつかぶれ対策

  • こまめに、おむつを交換
  • 汚れがひどい場合は洗う
  • 乾いてからおむつをかぶせる
  • こすらない

長男の時の失敗談

長男の時は、何ヶ月もオムツかぶれに悩んで、いろいろ日頃のスキンケアとか、軟膏クリームで試してみたものの、全く改善できなく、皮膚科に何度か通い、最終的には一番手を出したくなかった、ステロイド剤で治療していきました。それも悪循環でステロイド剤で治してもまた出来やすかったり。夏場のじめじめ、湿気には敏感に反応してしまうようです。そんな経験をしていたので、今回は特に、悪化させないうちに予防と対策を徹底しました。

徹底したケア

  • おしり拭きを使わない
  • コットンとクリームで拭き取る
  • 通気性の良い服
  • かぶれている箇所に毎回のオムツ交換で軟膏をぬる

薬局で買った軟膏

フランスの薬局にはとにかく沢山のベビースキンケアが・・・どれを選べば分からないので、とりあえず症状を説明してカウンセラーに選んでもらうことに。

もう、慣れている悩みの症状なのか、自信ありありで、すぐに持ってきてくれたのは、ヴェレダのカレンドラベビーバーム。長男の時にはヴェレダの存在を忘れていました(汗)ヴェレダの赤ちゃん用のスキンケアがベストだと。教えてもらった使い方のポイントは

  • かぶれ箇所に軟膏を分厚く塗る
  • 症状が軽くなってきたら軟膏の量を調整

使用した結果

とりあえず、今はかぶれはなくなっています。時々できる汗疹や、ミルクかぶれにもヴェレダのカレンドラベビーバームを使用するようにしています。かなりコッテリするので、お風呂上がりはヴェレダのカレンドラべビーミルクで保湿して、気になる部分に再度、軟膏。新生児の肌は荒れやすく敏感なので、ちょっとした事で肌が荒れちゃいます。またぶり返さないように今後も注意していきたいところです。公式ホームページでチェックしてみたところ、生まれたての赤ちゃんにも使用できるようなので安心しました。

ヴェレダ公式【カレンドラベビーバーム】を見てみる