【むくみ解消】速攻!脚のむくみを取る3つのストレッチ

むくんでいる時は脚の太もも裏、膝の裏、股関節、お尻がコリ固まっている場合があります。そんな時は、即効性のあるむくみ解消ストレッチをして、血液循環が悪くなっている箇所に意識的な呼吸で酸素を入れてあげましょう。少しの時間をかけるだけで、血流が改善されむくみも解消されます。寝る前にリラックスして行う事で、更に安眠にも繋がるでしょう!

今回は、スポーツインストラクターもストレッチなどで導入している脚のむくみに効くストレッチをご紹介したいと思います。

【脚のむくみ取り】ストレッチ

骨盤と内蔵の調整には

【効果】

  • 骨盤調整
  • 内蔵調整
  • 血流促進

【やり方】

  1. 左右の骨盤の位置をそろえ背筋をのばす
  2. そのまま、前かがみ
  3. 股関節が伸びている、気もち良いと感じる場所でストップ
  4. 深い呼吸を続けて、8呼吸を目安に。

骨盤の歪み、内蔵のズレを調整でき、血流の停滞を改善できます。※伸びすぎず、気持ちよい所で!無理に伸ばすと逆効果になります。呼吸が深まると徐々に伸びやすくなりますので、ご自身のペースで心地よいと感じるのが理想です。

美尻・ヒップアップ・腰痛の予防には

【効果】

  • ヒップアップ効果
  • 腰痛の予防
  • 自律神経を整える

【やり方】

  1. 仰向けで膝を立てる
  2. 左脚のくるぶしを右ひざの上に
  3. 両手で右足の太ももを掴む
  4. 背中、お尻を床から離さないようにすると効果◎
  5. 深い呼吸を続けて、8呼吸を目安に。

骨盤と股関節のコワバリ、緊張がほぐれると、お尻のコリも取れて、腰周りがスッキリします。一日中座りっぱなしの方や、同じ姿勢が続いた時には特におすすめのストレッチです。太ももや、お尻の筋肉をしっかり伸ばす事で引き締め効果にも♪

足首・前太ももの張り解消には

【効果】

  • 足首の調整
  • 消化の促進
  • 姿勢の改善

【やり方】

  1. かかとと、かかとの間にお尻をおいて座る
  2. ひじを付けながらゆっくり上体を床に下ろしていく
  3. 片ひじづつ床から離して頭の上に
  4. 深い呼吸を続けて、8呼吸を目安に。 

この体勢では、前膝の張りが取れやすくなります。骨盤が後傾している(腰が反っている)方にもおすすめです。消化を促進してくれる以外にも、内蔵の働きが活発になって便秘の解消にも効果的なストレッチです。

ストレッチの注意点

座骨神経痛・椎間板ヘルニア・通院中の方、膝や腰に痛みがでている方は、場合は症状を悪化させてしまう可能性がありますので、医師に相談のもとストレッチを行う事をおすすめいたします。また、何らか身体に異常を感じる場合は行うのは避けましょう。伸ばしすぎる事に効果は期待できません。あくまでも、心地よい範囲で行う事が理想です。

最後に

ストレッチは習慣的に行う事で、どんどん身体も解れやすくなり、全身の血流の改善や脚のむくみ解消に多いに役に立ちます。眠れない日が続く時などは、身体の緊張、こわばりを取ってから寝るようにするだけで、質の高い睡眠と翌朝の、目覚めの良さを実感できるようになります。高ぶっている神経を鎮静させて、神経を落ち着かせる効果も期待できますので、ぜひ気になる方は、試してみてください♪