【ネイル】”脚が細く”みえるネイルカラーは?

サンダルの時期も増えて、つま先が見える機会が増えてきました。そこで、気になるのが、

  • 脚が細く見える色
  • 脚が太く見える色
  • 脚が綺麗に見える色
  • 脚が長く見える色

の違いです!

ジェルネイルなんかは、直ぐに色を落とせないので、後々の失敗や後悔の前に、知っておきたいフットカラーについてまとめてみました。

脚が”細くみえる色”

濃い色!爪、肌の色よりも濃い色。寒色系をセレクトする事で、太い指なども細く見せる効果があります!

  • 寒色系ブルー
  • ネイビー
  • バーカンディー
  • 濃いベージュ

ラメは肌の色によっては、引き締め効果が期待できない場合も。

※ベージュは色の種類によっては、膨張して逆効果が!肌より濃いめのベージュが脚を細くみせます。

ピンク系も濃いめでハッキリした色を基準に選ぶと◎

脚が”太くみえやすい色”

 

肌よりも明るい色、暖色系は膨張色ともいわれ。ボトムや靴選びも同じように、太く見えやすい色だったりもします。気になる場合は、以下の色は避けた方がよいかもしれません。 

  • ゴールド系
  • イエロー
  • パステルカラー
  • ラメ
  • 淡いオレンジ
  • 薄いピンク

ココで注意が必要なのは、自分の肌の色!日焼けしている場合は、ラメや白が綺麗に映えるのですが、色白の方だと逆効果にななる場合があります。また、デザインによっても異なるので、ネイリストさんと相談すると良いアドバイスが★

脚が”長くみえる色”

ヌーディーカラー!自分の肌と差がない同系色を選ぶ事で、足先までスラッと脚長効果を期待できます。

  • ベージュ系
  • スモーキーピンク
  • モカ系

肌の色より濃いめを意識すると、脚長+細くみせる効果が◎

脚が”綺麗にみえる色”

王道の赤!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

彦坂 桜 🌸 Sakura Hikosakaさん(@sakura10h)がシェアした投稿

赤には、血色を良く見せる効果があります。くすみが気になるときも、リップや口紅を赤にするだけで、グゥっと肌を綺麗に見せてくれる嬉しい効果も!脚には、明るめの赤よりも、気持ち濃いめの赤の方が引き締め効果が増します。

まとめ

手のネイルとフットネイルだと、選ぶ色の基準が難しいですよね。

  • 脚を綺麗に見せる効果があるのは→赤色。
  • 脚長効果は濃いベージュ。
  • 脚が細く見える色にはとにかく、濃い目の色★

フットネイルの色選びの参考になれば嬉しいです。自分の定番色を見つけてみるのも楽しいですね^^